注意すること

インプラント治療は歯を失ったときに噛み合わせを回復させるために行われる治療で入れ歯やブリッジのように周囲の歯で支えるのではなく、抜けた部位に人工の歯根を埋め込んで固定することからしっかりと噛むことができるようになります。現在では人工の歯根に使用されている素材は金属アレルギーの発生しにくいチタンですが、あごの骨との結合に時間がかかることから素材自体に改良が加えられて治療期間を短縮することが考えられます。実際、チタン製の人工の歯根にあごの骨と同じ成分をコーティングしたものも使用され始めています。 また、美容という観点からもインプラント治療に対する需要は増えると言えます。そのため、実績などから治療を受ける医療機関をしっかりと検討することが大事です。

インプラント治療において注意するべきこととして治療を受ける医院をしっかりと決めることであると言えます。治療を受けるクリニックを決める要素としては実績や治療費などがあります。 インプラント治療は自由診療であることから、治療に必要な費用はクリニックによって異なります。そのため、安さを売りにしているクリニックが存在していることも事実です。しかしながら、このようなクリニックにおいては治療前の検査が不十分なまま治療が行われることがあるなど、治療後にトラブルの原因となることがあります。 そのため、大事なことはたくさんの治療実績があるクリニックを選ぶことです。治療実績があればさまざまなケースに対応することができます。

ページのトップへ戻る